2007年 10月 20日
浮田家
浮田家は加賀藩の役宅として、江戸時代中期の豪農家の建築様式を当時のままに残す貴重な建物である。この家が現在の地に定住した年代やその出身に関しては明らかではないが、元禄六年(1693年)三代宗兵衛が加賀藩より奥山廻役を拝命、禄高五百石を有して以来、藩の役宅として栄えた。
d0098645_17402681.jpg

FA43mmF1.9 Limited
後に代官職を兼ねるように遇された。奥山廻役とは、立山・黒部一帯の山林保護や国境警備のため、奥山の巡視を行う役職で、明治三年の職制廃止まで代々浮田家が継いだ。
d0098645_17405117.jpg
d0098645_1741325.jpg

この家の敷地は約5,190㎡で周囲に堀と塀をめぐらす。東に面した表門を入ると正面に主屋、左手に庭園、裏手に衣裳蔵が一棟ある。(以前は三棟の土蔵があった。)
主屋の建立年代は、浮田家文書等から文政十一年(1828)の造立とされ、当時は同じ規模の別棟が接続していた
表門は入り口側柱の祈祷札により天保年間(1830~1844)と考えられる。また現在ある土蔵は明治二十三年の建立とされる。
d0098645_17413492.jpg
d0098645_17414752.jpg

昭和四十年一月に表門と主屋が県指定文化財となり、昭和五十四年五月に宅地を含め主屋・表門・土蔵の三棟が重要文化財(建造物)の指定をうけた。
d0098645_17421683.jpg
d0098645_17422786.jpg

DA 21mmF3.2AL Limited
[PR]

by picasso_max | 2007-10-20 17:44 | 風景


<< 初冠雪      剱岳 >>